年齢は関係なし!ゴミ屋敷は一人暮らしの孤独感が原因

Posted by Ichitarou on 2017年1月14日 in 注目記事 |

ゴミ屋敷片付けのプロの清掃

ゴミ屋敷になる場合の共通点は、一人暮らしの人達の家です。
一緒に住んでいる家族がいる場合は、自然と規則正しい生活を送ることが出来るようになります。
ゴミについても、自治体で決められた曜日に出すようにするため、家の中がゴミ屋敷になる確率は低くなります。
家族がいなくなったり、長い間一人暮らしを続けている人達は、自分さえよければ支障が出ない状態になります。
ゴミについても、置いておいても困らないと思う人達は、片付けをしなくなってきます。
片付けをしないからといって、モノを購入しなくなるかというと、そうではありません。
一人暮らしで寂しい場合、その寂しさを、モノを購入することで晴らそうとする心理が働きます。
したがって、気がつくと、どんどんとモノが増えていくことがあります。
ゴミ屋敷を増やさないためには、モノで欲求を満たす考え方を改めることが必要です。
そして、なるべく規則正しい生活をすることを心がけます。
若くても、年齢を重ねても、午前、午後、夕方、夜間といったおおまかな時間の割り振りを決めておきます。
ゴミ屋敷片付け掃除は毎日行い、マメに片付けを行うことが理想的ですが、無理な場合は、定期的に行い、ゴミを家の中に増やさない工夫をすることが大切です。
近隣で目立ってゴミ屋敷化している家があったら、自治体などに知らせ、改善してもらうようにします。

Copyright © 一発逆転!みんなの先行く企業情報掲示板. All Rights Reserved.