葬儀社に相談できやいように

Posted by Ichitarou on 2016年6月29日 in 注目記事 |

葬儀のことを葬儀社に相談する際にはスムーズに相談ができるように事前準備をしておくことが必要です。
その事前準備としてまず行いたいのは「責任者を決める」ということです。
より正確にいえば喪主は誰なのかということなのですが、一般的には亡くなった方の配偶者、もしくはその長男や長女が務めることになるでしょう。
ですが中には例えば配偶者の方が障害を抱えていて喪主を務めあげられそうにない場合や、長男や長女が遠隔地に住んでいて実家に帰省することがなかなかできないなどのことがあります。
喪主は葬儀の後も法事や墓参りを執り行う責任を持ちますので、その後も個人のお世話を務めることができる方を責任者として決めておくことが必要です。
次いで重要なのが「葬儀に参列する人のおおよその数」です。
最近では東京都板橋区の戸田斎場が提示するプランに合わせて呼ぶ数を決めるなどのことも多いのですが、例えば絶対に参加するはずの人数が10人程度か、それとも100人程度かで選ぶべきプランは変わってきます。
会場確保の段取りも異なってきますので、このことは必ず事前にある程度の見当を付けておくようにしてください。
またこのほかですと病院を出た後でご遺体をお連れする先、役所に死亡届を出すために必要な印鑑なども併せて準備しておくようにしましょう。
突然の葬儀だとこうした準備はついつい忘れがちになるものですから、いつでも必要なものを出せるようにしておくのがベストです。

Copyright © 一発逆転!みんなの先行く企業情報掲示板. All Rights Reserved.