代々幡斎場の葬儀社との打ち合わせのポイントとは

Posted by Ichitarou on 2016年7月29日 in サービス紹介, 注目記事 |

葬儀を行う時に葬儀社との打ち合わせをしますがその時のポイントとなるのがあります。
最初に喪主を誰にするかを決めます。家族の中で相応しいと思われる人が喪主をつとめるのが良いです。
夫が亡くなった場合には多くは妻が喪主になることが多いのですが、そこに息子がいる場合には息子が喪主になる時もあります。
そして、宗教は何かということになります。
お寺の檀家になっている場合は早速そのお寺に葬儀のことを伝えて通夜、告別式の話し合いをして、無宗教の場合で、仏式で行う場合には葬儀社の知り合いのお寺の住職に依頼するようになります。
代々幡 斎場の式場を利用する場合には参列者がどの位の人数を思っているのかも伝えます。
それにより葬儀を行うホールなどの大きさが決まってきます。
告別式の時に弔辞を読んで貰いたい人がいる場合も葬儀社との打ち合わせの時に伝えます。
式次第の中でどの辺りにそれを入れるかなども打ち合わせをしておくことが必要になります。
そして告別式が終わって火葬場へ移動をするような式場を利用した場合には何人程度がそこに行くのかも伝えておくポイントになります。
車の手配のこともありますから、ある程度のことは伝えておきます。
出棺の時の挨拶の言葉なども急には頭が真っ白になってしまうこともあるので打ち合わせの中に入れておくことが良いでしょう。
そして、心づけなどを渡す場合にはどのような人に幾らくらいを用意したら良いのか、なども葬儀社との打ち合わせのポイントになります。
経験が多い葬儀社の担当の人はポイントを押さえた説明をしてくれます。

Copyright © 一発逆転!みんなの先行く企業情報掲示板. All Rights Reserved.